コロナ禍の地方の在り方とは

世の中的には、リモートワーク、ワーケーションという流れが加速しており、愛媛県でも取り組みが加速しています。

こんな取組みも↓
愛媛ふるさと暮らし応援センター
(公益財団法人 えひめ地域政策研究センター内)

では実際に、都市から地方に移住する際に気になるのは仕事ができるか、あるか・よい医療・教育があるか、ではないでしょうか。

コロナ禍の中で、どこでも働く、という仕事への捉え方はハードルが下がりつつあります。
医療は、地域差があれど日本の高い医療水準があります(老後と働く世代とは必要な医療が異なります)

では教育。いまの社会の物差しを、どう変えられるか。

デジタル教育がいまの流れを変えられるのか。地方の取り組みがこれからさらに問われると思います。

地方から社会を変える取り組みを、頑張りたいと 思います。

※上記はメールマガジンで配信しています

【登録】
https://nakanotaisei.jp/p/r/XhwYHFQK

配信済みのバックナンバーは下記よりご覧いただけます。

【バックナンバー】
https://nakanotaisei.jp/bn/C39rPfGs/XhwYHFQK

新しい時代の地域づくり

に取り組んでいます。

興味を持っていただけたら、ぜひ登録して読んでみてください!

完全無料で配信しています!

登録はこちらから▼
https://nakanotaisei.jp/p/r/XhwYHFQK
いつでも購読は解除できます

最新情報をチェックしよう!

政治の最新記事8件