愛媛県議会議員 中野たいせい

【県の予算について ー経済労働部】

経済労働部

地域経済政策、貿易の振興、企業の誘致、勤労者福祉の向上、雇用対策、中小企業に対する経営支援や資金の貸出し、観光地の紹介や宣伝、国際交流や海外渡航などの仕事を行います。

-県HPより

https://www.pref.ehime.jp/h10400/5373/k0202/documents/06keizai0202.pdf

外国人生活支援や交流の促進、中小企業の支援やモノづくりなど地域経済をまわすためのエンジンというイメージです。

就労支援では例えば以下のような予算があります。
離職者等職業能力開発事業費 4億3千500万円
 離職者等を対象に、就職に結びつく専門的な知識、技能を修得させる訓練を民間教育訓練機関等へ委託

障がい者就労促進事業費 1億2千300万円
障がい者就労促進事業費 1400万円

その他にも国の方針を受け、
今年度新規で
就職氷河期世代能力開発支援事業費 が組まれました。276万円
私の世代前後の年代が該当しています。

若年人材育成推進事業費 1億200万円 という予算もあります。

については、コロナウィルスの影響で就職説明会の中止などが相次いでいることから 学生向け支援としてWEBツール(テレビ会議など)の導入・利用推進を提言させて頂きました。

その他、
外国人材受入推進事業費、台湾・韓国・中国・クルーズ船への予算などが組まれています。

国際観光はコロナウィルスの影響を受け、まったく見通しがききませんが
非常事態にこそ智恵を働かせて事業者を支えていかねばです。


経済労働部の管轄内では
西日本豪雨災害からの復興に向けた「緊急地域雇用維持助成事業費」が組まれていますが これをコロナウィルス対応となるよう対象を広げています。

https://www.pref.ehime.jp/h25500//covid19.html#jigyousya


地域経済を回していくためにも、来年度活躍が期待される部署となりそうですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です